にんにく > にんにくの摂取法

にんにくの摂取法

にんにくには疲労回復効果だけではなく、動脈硬化改善や冷え性改善などさまざまな効果を持っていますが、
その効果を最大限有効的に摂取するためには、どのようににんにくを摂取すれば良いのでしょうか。
その効果的な摂取方法を見ていきましょう。

にんにくの繊維を壊す

にんにくの有効成分アリシンはその独特の香りの素ですが、アリシンはもともと違う物質であり、
刻んだりすりおろしたりすることで、その物質がアリシンに変わるとされています。

加熱する

アリシンと並び、にんにくの有効成分であるスコルジニンは、加熱することでその姿を変えます。
スコルジニンの素はアリシンであり、熱を加えることでアリシンがスコルジニンへと変化するのです。
スコルジニンもアリシン同様健康効果に優れた成分であるため、加熱調理が向いています。

ビタミンBとの同時摂取

にんにくの有効成分アリシンにはさまざまな働きがありますが、その中のひとつにビタミンB群の吸収率を高めるという働きがあります。
そのため、ビタミンB群をにんにくと一緒に摂取することによって、健康効果のさらなるアップが期待されるようになります。
ビタミンB群は特に豚肉に多く含まれると言われていますが、にんにくと豚肉の相性はとても良いため調理しやすく便利です。

関連ページ
にんにく活用法