にんにく > 相性の良い成分

相性の良い成分

にんにくの健康効果・美肌効果を有効的に摂取するための手段のひとつとして、相性の良い成分との同時摂取が挙げられます。
それらの成分と一緒に接すすることで、その効果をアップさせることが出来ると言われています。
どのような成分があるのでしょうか。

ビタミンB1

主に豚肉や卵などに多く含まれているビタミンB1。
にんにくに含まれている成分アリシンは、ビタミンB1と結びつくことで変化し、
疲労回復効果に優れた成分になります。
また、アリシンにはビタミンBを体内で吸収されやすくするという働きも持っていますので、
非常に相性の良い成分であると言えます。
豚肉とにんにく自体の相性も良いので、美味しくいただけますね。

レシチン

にんにくと相性の良い成分のひとつとして、レシチンが挙げられます。
最も豊富に含まれている食品と言えば卵黄でしょう。
にんにくに含まれている成分とレシチンが結びつくことにより、非常に抗酸化作用の強い成分が合成されます。
老化防止効果もある抗酸化成分は美肌効果、アンチエイジング効果に優れていることから、
にんにくとの同時摂取におすすめの成分だと言えます。

DHA・EPA

DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸もにんくとの相性が良い成分だと言えます。
DHAとEPAには血液サラサラ効果、悪玉コレステロールを現象させる働きがありますが、
にんにくと一緒に摂取することにより、その効果をさらにアップさせると言われています。
DHAやEPAは主に青魚に多く含まれています。

関連ページ
にんにく活用法